プライバシーの問題は裁けないのか

kz0010004348l

 

様々な住まいがある中で、プライバシーの問題が発生するのは稀な事ではなく、近隣に住んでいる人が家に人が出入りするのを確認していたり、毎日の服装や交際範囲等を把握されていて、更にその事柄が近隣中の噂になる等の事柄がありますが、こういった事がよくありがちで、なんとなく住んでいるだけで嫌な気持ちにさせられる可能性のある事です。

 
そしてこれらについて、防ぐことはできないのかと感じる事は、被害に遭ってしまった人にしてみれば、当然の事です。

 
現在の日本では、個人情報保護法という法律がある為に、個人情報についてむやみやたらに話をしたり、漏らしたりという事を行うと、この法律に引っかかることになっていますから、個人情報についての取り扱いについては、以前よりもかなり厳しくなっています。

 
しかし、この個人情報を保護する法律については曖昧な部分も多くある為、全てが全て裁く事ができるのかというと、そのような事は無いのですが、そこで注目しておきたいのが、住居侵入罪です。

 
興味本位で他人の住居の敷地内に入り込んだり、無断で入り込んで個人情報を入手するような事が行われていた場合には、侵入罪として裁く事ができるようになっています。