精神的な嫌がらせ対策

shutterstock_97489289

 

嫌がらせという言葉は厳密に誰に対してどのような事を行ったことなのか漠然とした言葉です。特定の誰かに対して不快な行為を繰り返したり、不特定多数の人に不快感を感じさせるような行為(騒音等)、本人には認識がなく相手が不快に感じてしまう事も嫌がらせになります。

 
そのような嫌がらせ行為の対策として、嫌がらせ行為をしている者に対して配達証明付きの内容証明郵便で嫌がらせ行為を止めるように警告書を送付します。自分で出すのも一つですし、民事トラブルサポートセンターの専門家名の警告書を送るのも一つです。民事トラブルサポートセンターの専門家の警告を受け取れば嫌がらせを止める人も多いので、一度相談してみるのもいいでしょう。

 
警告書には、どのような行為を受けたのかを記載して今後嫌がらせ行為を止めるように求めます。また、嫌がらせ行為を止めない場合は、法的な手続きを取る事も記載するようにしましょう。

 
警告書に従わず、継続した嫌がらせがある場合には、裁判所の手続きを利用することになります。

 
裁判所の手続きとしては、具体的な嫌がらせは止めるようにと裁判所より禁止を命じる民事訴訟があります。嫌がらせを受けた書面や物などの証拠が必要となります。警告書も証拠の一つとなります。

 
損害賠償請求訴訟として、例えば嫌がらせを受けた為に精神的ストレスで体調を崩し通院し治療を受けた場合・入院した場合などには、損害賠償請求をすることができます。一緒に請求するようにしましょう。