トラブル解決のために法的手段を選ぶケースのやり方

biyou02_l人は誰しも予想していなかったトラブルに関わることになったり、突然犯罪に巻き込まれてしまう可能性を持っています。

 

そんな時に当事者同士の話し合いで和解をすることができればスムーズに終わらせることができますが、お互いに譲れない場合には訴訟をもって解決しなければならないケースがあります。訴訟は対象となる紛争の内容によって大きく二つに分けられます。

 

一つ目はお金の貸し借り・知的財産権・雇用問題のトラブルなど個人間の争いを解決する民事訴訟です。

 

二つ目は殺人・窃盗・脱税など違反すると刑罰が科される行為を行った者の取扱いを決める刑事訴訟です。しかし訴訟を起こすにはたくさんの費用や時間がかかってしまいます。そこで訴訟を起こす前に内容証明を送るという法的手段でトラブルを解決する場合があります。この通知を出すことには口頭や普通の手紙などで意思表示をした場合よりも効果やメリットがあります。

 

それはいつ、だれに、どのような内容の意思表示をしたかということや、それを相手が受け取ったか否か、それはいつかなどもすべて証明できる点です。そしてこの通知には通知人や非通知人の氏名や住所が記載されていることや、割印がなされていることから相手に重圧感や心理的圧力を与える効果があり、相手が話し合いに積極的に応じトラブルが解決する場合もあります。