騒音問題の法的解決が難しいのはなぜか

gf1950145872l

 

騒音は、近所から聞こえる楽器や話し声などがあり、私たちが生活していくうえで切っても切れない問題です。また、それを解決するには、とても難しい問題であるからです。それは、騒音問題を取り締まることのできる国の法律が、工場などから出る音に限定されているからです。
それは、騒音規正法という言われ、工場の機械音や車の騒音などの取り締まる法律であるため、楽器や話し声などの個人を取り締まる事はできないからです。

 
それ以外の方法では、住宅規約違反や条例などがあります。
住宅規約違反では、賃貸住宅場合に賃貸借契約書に、騒音や迷惑行為の禁止と記載されている場合には大家にお願いし、大家に根本的な解決をしてもうらうことができます。

 
また、地方自治体で設けられている条例などでも取り締まる事が出来る場合がありますが、住宅規約違反や条例違反は、受忍限度を超えた騒音だけしか取り締まれません。

 
また、度重なる騒音によって肉体的・精神的苦痛を与えられた場合には、損害賠償請求の民事訴訟も行えます。しかし、騒音計を使用して音の大きさを図る必要があるため裁判で勝つには難しいです。
このように、色々と対策はありますが、楽器や話し声などを取り締まることは大変難しいです。