未分類

biyou03_lご近所と問題なくお付き合いを行うためには、トラブルを起こさないように気を付けなければなりません。

 

また、万が一トラブルにあった時には、その状態がエスカレートしないうちに、有効な対策をとっていく必要があるのです。

 

まず、ご近所トラブルの中でも、明らかに法的に問題になるのがノゾキや盗聴になります。
異性として気になってしまったり、または相手の態度に気に入らない点があるために内情を探ろうとするあまり、のぞいてみたり個人情報を盗み取ろうとする行為は、軽犯罪法違反や通信法に違反することになります。
これらの行為に悩んでいる場合には、早めに警察に訴えるなどの対策も必要となってくるのです。

 

さらに、人によってゴミ漁りをしたり、井戸端会議でご近所の方の噂話で盛り上がる方もいますが、これらの行為も法律違反に該当することになります。
他人の出したゴミを漁った場合、個人情報を目にする可能性がありプライバシーの侵害に該当してきますし、他人に対しての信ぴょう性の薄い噂を広く流すことで、名誉棄損として訴えられてしまうケースもあるのです。

 

ご近所との関係を良好に保ちたいときには、これらの行為を慎む必要がありますし、万が一被害を受け注意してもやめてもらえない時には、早めに専門家に相談を行うようにしましょう。

biyou02_l人は誰しも予想していなかったトラブルに関わることになったり、突然犯罪に巻き込まれてしまう可能性を持っています。

 

そんな時に当事者同士の話し合いで和解をすることができればスムーズに終わらせることができますが、お互いに譲れない場合には訴訟をもって解決しなければならないケースがあります。訴訟は対象となる紛争の内容によって大きく二つに分けられます。

 

一つ目はお金の貸し借り・知的財産権・雇用問題のトラブルなど個人間の争いを解決する民事訴訟です。

 

二つ目は殺人・窃盗・脱税など違反すると刑罰が科される行為を行った者の取扱いを決める刑事訴訟です。しかし訴訟を起こすにはたくさんの費用や時間がかかってしまいます。そこで訴訟を起こす前に内容証明を送るという法的手段でトラブルを解決する場合があります。この通知を出すことには口頭や普通の手紙などで意思表示をした場合よりも効果やメリットがあります。

 

それはいつ、だれに、どのような内容の意思表示をしたかということや、それを相手が受け取ったか否か、それはいつかなどもすべて証明できる点です。そしてこの通知には通知人や非通知人の氏名や住所が記載されていることや、割印がなされていることから相手に重圧感や心理的圧力を与える効果があり、相手が話し合いに積極的に応じトラブルが解決する場合もあります。

biyou01_l私たちは住宅の中で暮らしています。

 
一戸建てやマンションやアパートなど人によって住む場所は様々です。
普段、暮らしていると多くのトラブルが起きるものです。
家電の故障、電球の切れ、水回りのつまりなど実に様々です。
これらは全て自分で商品を購入したり業者に修理を依頼すれば改善されます。

 

しかし、難しいのは近隣とのトラブルです。
相手が人間なので簡単に解決しない場合があります。
近隣トラブルで多いのは騒音によるものです。

 

これは振動も含まれており、生活するうえで非常に重要な問題です。
仮に騒音トラブルが起きた場合は解決のために第三者を間に入れることが必要です。

 

これは大家、管理会社などです。

 

基本的にはこれらの人たちに騒音トラブルを相談することです。
騒音が起きる時間帯、大きさ、内容などなるべく詳細に伝えることが必要です。
自分だけで解決しようと直接抗議に行くと他のトラブルを生むかもしれません。

 

場合によっては相手が報復することもあります。

 

このことから第三者を間に入れることは大事なのです。
それでも改善されないのであれば警察に相談することも可能です。
しかし、そこまでのトラブルはまずないので、大家や管理会社の対応でほとんどは改善されます。

xf1925061796l第三者を巻き込むような嫌がらせには、個人の作られた情報や評判を流したりする事等が挙げられます。

 
簡単に伝えると、経済的な事柄に結び付きのある内容を根拠や事実から基づいて何かしらを言うのではなく、経済的な事柄への結びつきのある物等に対し、根拠や事実等が無い状態で、悪い噂を流す等が行われる事は、信用毀損や業務妨害の禁止という事柄が行われている事になるのです。
とある企業が倒産寸前だという事や、根拠もなくどこかの店の製品が不良品ばかりというような噂がこれに当てはまり、これらは、営業妨害等とも呼ばれる事があります。

 
尚、これらの嫌がらせを受けてしまった場合には、信用を失うような噂を流した可能性のある相手の特定を行い、訴える事で対策をする事ができます。
相手の特定を行うには、どのような経由で噂などが広まってしまったのかという事を見つけ出す必要があり、個人で行う事が難しいようであれば、業者や探偵等に依頼を行う事で特定をする事ができる場合もあります。

 
業務妨害の禁止については、どのような店等であっても訴える事ができる内容である為、このような行為を見つけた場合には見逃さず、出来るだけ早く対処を行うようにするのが無難です。

xf1615028776l近年、近隣住人トラブルについての相談が増加しています。

 

騒音問題やゴミの出し方・生活リズムの違いなどにより、細かなストレスを感じている人は少なくないようです。また、いつ・どこでも・誰にでも起こる可能性があり、きっかけは些細なことでも、精神的苦痛だけでなく、物を壊されるような物的損壊にまで発展することもあります。

 

例えば、家のガラス窓を割られたり、車に石などをぶつけられる、家の外壁を汚されるなどと言った事柄が挙げられます。そうした問題を解決するためには、まずは当事者同士で話し合うことが望ましいのですが、相手が話し合いに応じなかったり、実力行使に出たりする場合もあります。また、お互いが折れなかったり、決着が付かない場合など最悪の場合には、民事訴訟となります。

 

精神的な嫌がらせに関しては、犯罪に当たらない行為も多いため警察が介入することは難しくなります。しかし、所有物を傷つけられたり、壊されたりした場合、刑事事件として警察が対応出来ます。所有物の損壊は、器物破損罪に当たります。最大で3年の懲役か、30万円以下の罰金などに処されることになります。この所有物とは、物だけでなく土地やペットも含まれます。

shutterstock_97489289

 

嫌がらせという言葉は厳密に誰に対してどのような事を行ったことなのか漠然とした言葉です。特定の誰かに対して不快な行為を繰り返したり、不特定多数の人に不快感を感じさせるような行為(騒音等)、本人には認識がなく相手が不快に感じてしまう事も嫌がらせになります。

 
そのような嫌がらせ行為の対策として、嫌がらせ行為をしている者に対して配達証明付きの内容証明郵便で嫌がらせ行為を止めるように警告書を送付します。自分で出すのも一つですし、民事トラブルサポートセンターの専門家名の警告書を送るのも一つです。民事トラブルサポートセンターの専門家の警告を受け取れば嫌がらせを止める人も多いので、一度相談してみるのもいいでしょう。

 
警告書には、どのような行為を受けたのかを記載して今後嫌がらせ行為を止めるように求めます。また、嫌がらせ行為を止めない場合は、法的な手続きを取る事も記載するようにしましょう。

 
警告書に従わず、継続した嫌がらせがある場合には、裁判所の手続きを利用することになります。

 
裁判所の手続きとしては、具体的な嫌がらせは止めるようにと裁判所より禁止を命じる民事訴訟があります。嫌がらせを受けた書面や物などの証拠が必要となります。警告書も証拠の一つとなります。

 
損害賠償請求訴訟として、例えば嫌がらせを受けた為に精神的ストレスで体調を崩し通院し治療を受けた場合・入院した場合などには、損害賠償請求をすることができます。一緒に請求するようにしましょう。

kz0010004348l

 

様々な住まいがある中で、プライバシーの問題が発生するのは稀な事ではなく、近隣に住んでいる人が家に人が出入りするのを確認していたり、毎日の服装や交際範囲等を把握されていて、更にその事柄が近隣中の噂になる等の事柄がありますが、こういった事がよくありがちで、なんとなく住んでいるだけで嫌な気持ちにさせられる可能性のある事です。

 
そしてこれらについて、防ぐことはできないのかと感じる事は、被害に遭ってしまった人にしてみれば、当然の事です。

 
現在の日本では、個人情報保護法という法律がある為に、個人情報についてむやみやたらに話をしたり、漏らしたりという事を行うと、この法律に引っかかることになっていますから、個人情報についての取り扱いについては、以前よりもかなり厳しくなっています。

 
しかし、この個人情報を保護する法律については曖昧な部分も多くある為、全てが全て裁く事ができるのかというと、そのような事は無いのですが、そこで注目しておきたいのが、住居侵入罪です。

 
興味本位で他人の住居の敷地内に入り込んだり、無断で入り込んで個人情報を入手するような事が行われていた場合には、侵入罪として裁く事ができるようになっています。

gf1950145872l

 

騒音は、近所から聞こえる楽器や話し声などがあり、私たちが生活していくうえで切っても切れない問題です。また、それを解決するには、とても難しい問題であるからです。それは、騒音問題を取り締まることのできる国の法律が、工場などから出る音に限定されているからです。
それは、騒音規正法という言われ、工場の機械音や車の騒音などの取り締まる法律であるため、楽器や話し声などの個人を取り締まる事はできないからです。

 
それ以外の方法では、住宅規約違反や条例などがあります。
住宅規約違反では、賃貸住宅場合に賃貸借契約書に、騒音や迷惑行為の禁止と記載されている場合には大家にお願いし、大家に根本的な解決をしてもうらうことができます。

 
また、地方自治体で設けられている条例などでも取り締まる事が出来る場合がありますが、住宅規約違反や条例違反は、受忍限度を超えた騒音だけしか取り締まれません。

 
また、度重なる騒音によって肉体的・精神的苦痛を与えられた場合には、損害賠償請求の民事訴訟も行えます。しかし、騒音計を使用して音の大きさを図る必要があるため裁判で勝つには難しいです。
このように、色々と対策はありますが、楽器や話し声などを取り締まることは大変難しいです。

gf1940270332m

 

工場や建設工事などによって、騒音や振動が発生し、事業所や事業主と近隣住民との間でトラブルが起こることがよくあります。

 

騒音や振動の大きさは、環境省所管の騒音規制法や振動規制法で規制がなされています。

 

従って、この法令の施行規則に定める規制値を上回る騒音や振動を発生させる場合には、法による罰則規定によって懲罰を受けることになります。工場や事業所などでは、敷地境界線において具体的な規制・基準値が設定されています。

 

例えば、住居専用地域との間に境界がある場合には、昼間50dB、夜間40dBという規制がなされています。よって、工場や事業所、工事現場などから発生する騒音や振動が苦痛であるという場合には、まず騒音レベルまたは振動加速度レベルを測定してみることです。このような測定は、環境証明事業所という国から認可を受けた測定機関が行っていますので、測定を依頼して証明書を発行してもらうことが最善策と言えます。

 

もし、測定の結果、基準値を超えているようであれば、証明書を携えて工事や事業の管理会社や事業主にかけあってみることです。それでも改善の動きが見られなければ、地元の行政機関の関係部署や直接環境庁に苦情申し出をすることが必要となります。

 

騒音や振動に関しては、規制する法律があること、そして騒音や振動のレベルを測定して証明書を発行する環境証明事業所があることを覚えておくと、トラブルに対して機敏な対応ができます。