ご近所トラブルの解決方法

私たちは、みんな家で暮らします。その家で暮らすという背景にはまず、その土地で暮らすということになります。

 

そしてその土地で暮らすということは、複数の人たちと暮らすことになります。身近に他人が住んでいるということは、意識して初めて気付くことだと思いますが、トラブルにならない様にする努力は少なからず必要となってきます。

 

例えば、プライバシーの侵害という言葉があります。

 

プライバシーが守られている。というのは言葉ではわかっていても実際にはどうでしょうか。人付き合いの中では、様々な考え方の違いでトラブルが起きます。近くに住む人は、お風呂場で気分よく歌を歌っているとします。それが排水溝や換気扇から外に漏れていたとしたら、お風呂はほぼ毎日入るとしたら毎晩になり、それはいつしか騒音となるでしょう。騒音として一度感じてしまうと、せっかく静かに暮らしたかったはずの生活は台無しになってしまいます。これでは、家に帰っても落ち着きませんね。しかしこういった近隣住人トラブルは解決が難しいのです。何せ暮らしていくうえでは何事もなく穏便に済ませたいのですが、相手ありきの事、相手はそんな風に感じないかもしれないからです。意見が違うとトラブルになりやすいです。

 

なので、解決には、必ず間に第三者が入ることがとても大切だと思います。
 
第三者を挟んで行った方が良いことの一つに遺産問題がありますね。他人でもトラブルが多発する時代、家族間は穏便に過ごしたいですね。⇒⇒遺産分割で最低限知っておきたいこと